Life of Dog「一緒がいいね!」

八ヶ岳南麓のインドカレー屋です。 動物愛護センターや、事情があってどうしても飼育継続できなくなった犬たちを保護し、里親探しをしています。 気がついたら5年。たくさんの犬やたくさんのご家族と話し、笑い、泣き、助け、助けられています。それぞれの犬にストーリーがあります。

子犬も来ました!
名前は「ヤマメちゃん」と「ゆばちゃん」。
生後2ヶ月くらいで、体重は2.5キロ前後。
ノラっこで、超ビビりさんですが、とにかくカワイイ。
ゆっくり育てていただけるご家庭希望です。
スペースがパンパンです〜〜。
募集しまくりです‼️

保健所にいるハートとパパ。
パパは捕獲時に時間をかけてしまったため、
かなりのビビりさんになってしまい、
檻から出ることができなくなりました。
保健所はリードも着けられず電話してくる始末。
ワタシたちが、かわるがわる通ってまず檻からでるように。
次は外へ。そして目標をつくった場所まで。
でも突然車の下に隠れて出てこれなくなったりで大変な時間を要します。
今日はシズカちゃんが友達と行って、かなりの距離を歩かせてくれました。
ハートちゃんはすでに普通のお散歩ルンルンです。
明日も頑張ろう❣️

今日センターへ役場の2匹が行きました。
一昨日ドライシャンプーをしたのですが、今朝すでにunにまみれていましたが仕方ない💧
引き出したらキレイにしましょう。
明日はセンターからサダくんを引き出して来ます。
チョット引きこもり気味なので、様子を見てから
去勢などの医療にかける予定です。

今回の協力者は本業を持っているし、バイトや就活の人も居ます。
そんな中で時間を作って保護犬の世話をしています。
今日は保健所犬の散歩には昼間行けましたが、
役場の子の世話は夜7時から。
雨も降っているし「どうかキレイな状態で、お散歩のみでありますように」
と願って行きましたが、、、
2匹の犬房はunと散らかったフードまみれ。
真っ暗な中、携帯の光を頼りにシートを引き出し水洗い。
捕獲檻の中もビニールいっぱいのun。
ホースで洗い流さざるを得ません。
ひとりが雨中ですが、散歩に連れ出してひとりがホースで洗い流す。
ビショビショなのでできる限りタオルで拭きます。
お水を取り替えて、嫌がる子たちに
「明日はセンターに行ける。できる限り早く引き出すから頑張れ❣️」
と言い聞かせて犬房に入ってもらいました。
センターも頑張ってこの子たちの見守りをしてくれています。


*ご支援いただきました
岩楯容子さま
小池幸子さま
大木美子さま
アベムツミさま

フードを送ってくださったみなさま

本当にありがとうございます。
大切に使わせていただいています!


*ご支援金の現在までの使用内容です
・医療費
・フードおよびオヤツなど
・エサ箱、バケツ、捕獲材など雑費
・燃料費
・犬たちの飼育放棄手数料の肩がわり

保健所からの依頼で始めたことですが、ケガ等の医療費は元より、「犬たちの飼育放棄手数料の肩がわり」まで支払いをしています。
ご支援いただいているみなさんには、犬の今後のためと、ご理解いただきたいと思います。

センターでは、ワタシたちが引き出すまでの間、手厚い見守りをしていただいています。

↑このページのトップヘ