Life of Dog「一緒がいいね!」

八ヶ岳南麓のインドカレー屋です。 動物愛護センターや、事情があってどうしても飼育継続できなくなった犬たちを保護し、里親探しをしています。 気がついたら5年。たくさんの犬やたくさんのご家族と話し、笑い、泣き、助け、助けられています。それぞれの犬にストーリーがあります。

旅立ち

ニコは山梨県のYさんの子になりました。数ヶ月前にニコ似のテリア系の子を亡くしたばかり。きっとおふたりの寂しさを癒してくれると思います。
FullSizeRender


写真はありませんが、レイは神奈川県の明るいファミリーの元へ行きました。先住犬もペキニーズ。お子さんたちとも仲良しになって楽しい日々を送っています。


みんないろいろな事情を抱えてここに来ます。里親さんには、そうした事情も全て飲み込んでお迎えいただいています。感謝ばかりです。

末永くよろしくお願いします。
みんなシアワセになれ❣️❣️

ドーナツは北杜市「くうねるハウス」さんちの子になりました。オーナーのIさんはドッグトレーナー。ワンパク盛りのこの子にはピッタリの里親さんです。先住犬の黒柴ちゃんは犬が苦手ですが、何とドーナツはキチンと距離を保ちつつ、その距離を縮めているとか。
プロのお家です。安心して見送ることができました。
末永くよろしくお願いいたします。

ドーナツ、シアワセになれ❣️❣️
IMG_9087

T.プードル「団子」は山梨県Kさんの家の子になりました。犬飼育をとても慎重に考えられて「会ってその日になんて決めかねます」とおっしゃっていましたが、即日決定(笑笑
IMG_8653

T.プードル「かつお」は岡山県のGさんの家の「るぅちゃん」になりました。先住犬であるポメラニアンの「てんちゃん」もウチから行った子。シアワセいっぱいになってくれる自信があります。
IMG_8682

M.ダックスフンド「サラダ」は山梨県Kさんの子になりました。飼育初心者ですが、勉強熱心なご家族です。何度も何度もご質問に通われ、大切に大切に育ててくださっています。
IMG_8689

T.プードル「ソース」は山梨県Kさんの家の子になりました。「犬ヲ助け隊」佐江子ちゃんのお友達なので、たくさんのアドバイスをもらえますね〜
IMG_8714

M.シュナウザー「シラス」は東京都Yさんの家の子になりました。おふたりで一緒に犬を家族に迎えるのは初めて。緊張と楽しみがゴッチャなお見合いでした。
IMG_8713

前回の「旅立ち」が5匹。
そして、ここに来てバタバタと5匹がシアワセの住処に向かいました。
ご支援、ご協力いただいた皆さんには、ただただ感謝です。
本当にありがとうございました。
こうした活動はまだまだ続きます。あたたかく、長い目で見守ってください。

人も犬も、みんなシアワセになれ❣️❣️❣️

イタグレ「デニッシュ」は高杉'Jay'二郎さんの家の子になりました。

先住犬もイタグレ。本当にイタグレを熟知されていて安心してお願いいたしました。

平成最期の日にお見合いをして、令和の初日に家族に迎えることを決断。

「名前はハワイ語がいいな〜」と考えていらっしゃったところに「令和」。

「れいちゃん」と名付けられました。

遠縁のみなみおばちゃんも喜んでくださっていることでしょう(笑笑

れいちゃん、シアワセになれ!!!



IMG_8669


二郎さんは「三枝亭二郎」、ラジオやスポーツの「DJ二郎」、「アニメ遊戯王」の声優etc、、と、多彩な才能をお持ちでここではご紹介しきれません。


ウィキペディア/

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/高杉'Jay'二郎


吉本興業HP/

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3138


【ご支援をいただきました】

れいちゃんパパ、ありがとうございます❣️❣️

T.プードルのコメは山梨県のSさんの子になりました。先住犬もT.プードルでとっても仲良しになっているそうです。
IMG_8011

M.ダックスのセロリは山梨県のMさんの子になりました。以前飼っていた子もM.ダックス。とにかくベッタベタに可愛がっていただいています。
IMG_8021

T.プードルのチーズは山梨県のKさんの子になりました。犬飼育初ですが、預かりさんの佐江子ちゃんのお友達でアドバイスたっぷりで幸せにしています。
IMG_8063

フレブルのクラゲは神奈川県のKさんの子になりました。犬飼育初心者ですが、譲渡まで何度も何度もメールでやり取りをして完璧な飼育者に(笑
IMG_8464

フレブルのケーキは東京都のUさんの子になりました。以前飼っていた子もフレブルです。残念ながら10歳で亡くして。7歳ケーキの終の住処になればと思ってくださいました。
☆写真撮り忘れでゴメンナサイ!!!


酷い、ヒドい、ひどい状況の中で生きて、でも彼らは哀しいかなそれが日常だった。
ウチに来て、食べるだけ食べて、遊ぶだけ遊んで。みんな「え、コレが毎日なの」とイイ気になって来て(笑笑
やっとシアワセになります❣️❣️❣️
まだ7匹居ますよ〜〜^ ^

去年の5月上旬、突然の電話で「超大型犬が、コンテナボックスで餓死させられようとしている。既に数ヶ月が経っていて痩せ細っている」との連絡が入りました。この通報者が通称「ヤッさん」。

IMG_3854
IMG_3860
トレーナーのパグちゃんと会いに行き、エサやりを開始。同時に皆さんへのご支援のお願いもさせていただきました。とにかく保護する場所の確保が先決で、ヤッさんが大家さんと交渉。敷地内に犬舎を建てられることになり、ヤッさんが急ピッチで建ててくれました。そして5月18日。数ヶ月ぶりにコンテナから出るトーベン も緊張感マックス!うまく軽のワンボックスに乗ってくれるか。オヤツで釣って数度目で無事乗車。

IMG_3974

IMG_4024
新居は気に入ってくれたようで、徐々に落ち着きを見せました。農業を営む繁忙期を迎えているヤッさんでしたが、朝に夜に時間をとって散歩をしました。週一でパグちゃんもトレーニングに出向く日々。往診専門の獣医師にお願いして血液検査と2回のワクチンを済ませましたが、

50キロあっても良い体重は30キロ台。

消化不良があったので、徐々にフードを増やすことに。ヤッさんの奥さんも常に気遣ってくれました。しかし、人に慣れさせ、病院へ行けるトレーニングもしなくてはいけないと山梨に移送する話となり、ドッグランを建てたばかりのパグちゃんの自宅に白羽の矢が!!快諾をもらい、急ピッチで新たな犬舎づくり。8月19日に完成を見て、9月1日山梨へ迎え入れることに。

IMG_6743

IMG_6744
落ち着かない日々が続き、パグちゃんは何とか慣れさせようと四苦八苦。何度も噛まれるアクシデントはあったものの甘える素ぶりもする進歩。募集はかけ続け、ご応募も10件あまりありましたが、安心して任せられるご家族は現れず。ストレスからなのか、皮膚の状態が悪くなり、脱毛が酷くなりましたが病院へ連れては行けず、写真や動画を撮って、動物病院で薬を処方してもらったり消毒したりで、何とか乗り切ることができました。その間、パグちゃんの娘さんが噛まれたりもあり、世話をし続けているパグちゃん一家は本当に不安な日々だったでしょう。ワタシでさえ寝るれぬ日々だったのだから。そして今年1月、「大阪に連れて来ることが可能ならば、責任を持って引き取りたい」とのご応募がありました。

27前にご主人と出会ってアメリカから日本に来られ、お父さまはアメリカの元獣医さん。お母さまは同じくアメリカの大学教授(生物学)。ご本人はカリフォルニア大学バイオ系卒で、5年前まで京都大学で教授をされていた才女です。

何十回もメールのやりとりをし、先日大阪へ行って来ました。パグちゃん、引きづられそうになりながら門を入るとAさん「リードを放してください。大丈夫です」と。恐る恐る放しましたが、彼女は一向に怯える気配もないまま目を見つめ首や頭を撫でています。「あ~~、早速血を見るか!」と思ったワタシですが、とんでもない。穏やかに庭で排泄をさせ、用意してあった檻に入れるとワタシには吠えかかるのですが、彼女には全然。唖然とするワタシたち。

IMG_7714

IMG_7713
その日の内に長い間着け続けていたハーネスや首輪を取り、ブラッシングと歯磨きをしたそうです。何が何だか理解できないのですが、とにかく彼女からは、トーベン に対して終始恐れ、不安が微塵も感じられないのです。トーベン は「ルルくん」という可愛らしい名前をもらい、終の住処を見つけました。

IMG_7728


この9ヶ月間、多くの方々にご心配をおかけし、たくさんのご支援をいただいてきました。心から感謝を申し上げます。

トーベン 改めルルくんは心底安心して身を委ねられる家族の元、確実にシアワセをつかみました。本当にありがとうございました。


最後に、トーベン を助けるにあたり、医療、健康維持など、親身になって相談にのっていただいたDENセンセイ、どれだけ心強かったことか。ありがとうございました。


イタグレのアミは東京都大田区のSさんの子になりました。「ホントはエビのアミの意味なんですよ」と言うと「食べものの名前いいですね〜。カルボナーラのカルにします」カワイイ名前になりました。
FullSizeRender

マルチーズのめんたいは山梨県北杜市のTさんの子になりました。10歳超で足が悪く、白内障。ずっとココに居ると思っていました。何日も抱っこに通ってくれました。そして、終の住処を見つけることができました。
FullSizeRender

アメコカのいろはは群馬県館林市のSさんの子になりました。以前飼っていたアメコカは交通事故に遭って、酷い状態からSさんの介護の甲斐あって何年もシアワセに暮らしましたが、先日亡くなり、片目の見えないいろはが気になりご応募いただきました。
FullSizeRender

柴犬の梅は山梨県北杜市のAさんの子になりました。以前多頭飼育の崩壊時にハートの里親さんに手を挙げてくださったご家族です。いくつもの乳腺腫瘍の摘出手術を受けたことも、全てご理解いただき、お迎えただきました。
FullSizeRender

 Gレトリバーのエビーは山梨県甲府市のKさんの子になりました。レトリバー飼育経験者で、先住犬が2匹。犬仕様のお宅に、大人ばかり6人ご家族。お留守番もなく、安心してお任せすることができました。
FullSizeRender

人も犬もイイ顔してます。
ご応募いただいてから、たくさん話やメールのやりとりをしました。時に少し意地悪な質問も。それでも飼育の意思は揺るぐことなく譲渡まできました。
絶対にシアワセになるだろうと確信が持てます。
みんな、シアワセになれ❣️❣️❣️

【ご支援金を使わせていただきました】
・犬たちの不妊手術代
・フード代
・トレーナー費用
・予防接種およびマイクロチップ装着費用
・投薬代
・ガソリン、高速料金等交通費
・設備修理費

ありがとうございます。

神奈川県川崎市のSさんの子になりました。
老舗のイタリアン店のオーナーです。
ご自宅もさることながら、お店も40〜50人の席数を持つ立派な店舗。
フレディはお坊ちゃまになりました。
Sさん、末長くよろしくお願いします。
フレディ、シアワセになれ❣️❣️

FullSizeRender

フレディママさんから、ご支援物資をいただきました。
ありがとうございます❣️

耳は全く聞こえなくて、視力は少し改善。
でも頼りは嗅覚だから、いつも鼻になんかくっ付けてた。
里親さんご希望のご家族が来られ、シオのノンキなムードを気を入っていただけました。
で、まさかの本日のお別れ。
必要な薬を持たせ、柔らかいハーネスとオムツをさせて、注意点を何度も確認。
多分、本当に行ってしまったのでしょう。
コッソリ「イヤだったら戻ってこい!」と言ったけど、とても優しい3世代ご家族。
里帰りで帰っておいで。

IMG_6558
IMG_6569

【ご支援をいただきました】
・DENカーさん、いつもド迫力のご支援に感謝です!!
・澤海さん、お忙しい中お寄りいただき感謝です!!

↑このページのトップヘ