Life of Dog「一緒がいいね!」

八ヶ岳南麓のインドカレー屋です。 動物愛護センターや、事情があってどうしても飼育継続できなくなった犬たちを保護し、里親探しをしています。 気がついたら5年。たくさんの犬やたくさんのご家族と話し、笑い、泣き、助け、助けられています。それぞれの犬にストーリーがあります。

旅立ち


ちっちゃな小豆柴犬ぜんざいは山梨県北杜市のOさんの子になりました。
この嬉しいそうな顔(笑)、仮かーちゃんは少し寂しいけど。
すぐご近所だもんね。また会おう!

ぜんざいちゃん、シアワセになれ❣️

こぶしは静岡県浜松市のFさんの子になりました。
皮膚炎の後遺症で足や胸がまだチョット薄毛ですが(笑)
蘭丸と言う、カッコいい名前をもらいました。


くるみは石川県白山市のSさんの子になりました。
3兄妹の中で1番大きくおっとり。
犬好きな娘さんご家族が後継人となっていただき、譲渡いたしました。


けやきは山梨県北杜市のWさんの子になりました。
すでに大型犬となった1/6っ子の里親さんでもあります。
「小春」と名付けられ、アニマルサイエンス科のある大学に進学した娘さんと共に生活します。


ステキなご家族と巡り会えたね。
みんな、とことんシアワセになれ❣️


東京都杉並区のYさんの子になりました。
大型犬飼育経験者です。
これで、かかが大型犬になっても大丈夫ですね(笑)
おてんば盛りですが「琴音」ちゃんと、
可愛らしい名前をいただきました。

生まれて初めての犬1人っきりです。
寂し鳴きもあると思いますが、
気長に成長を楽しんでいただきたいと思います。

琴音ちゃん、思いっきりシアワセになれ❣️


トイプードルの「メロン」は東京都大田区のIさんの元へ。
10歳という高齢ですが、やたらと明るく人が大好き💕
先住猫さんともうまくいくだろうと選んでいただきました。
新しい名前は「ピース」。
時代に合ってますね。
生後6カ月の柴犬「おかき」ちゃんは、
山梨県甲斐市のHさんの子になりました。
大人ばかり4人のご家族なので、
ちょいビビりなこの子にはうってつけ!
ゆっくり家族に迎えてあげてください。

ピース、おかき!
絶対シアワセになれ❣️


ウメは千葉県流山市のIさんの子になりました。
ゴールデンリトリバー飼育経験者です。何度も足を運んでこの子に決定しました。食欲が無いので心配ですが、手づくりで食欲不振と戦ってくださいます。

いな吾は長野県下伊那郡のHさんの子になりました。
アッケラカンとした甲斐犬ッ子の魅力にご家族一目惚れ(笑)
大切に育てていただくことを約束していただきました。

ウメ、いな吾、シアワセになれ❣️


長野県北安曇郡のTさんの子になりました。
カワイイけど、強気でムダ鳴き、
脱臼癖アリと、とことんお話しましたが、
この子だったら頑張れます!とのことで譲渡となりました。
お子さんたちも、キチンと話を聞いてくれるので安心。
ワガママだけど、カワイイ、初のヨーキーの譲渡でした。

あんこ、シアワセになれ❣️


ロデムは、愛知県名古屋市のTさまの子になりました。
完全室内飼育で、お留守番はほとんどない環境で第2の犬生を送ります。
初対面はちょっとシャイだけど、本当は人が大好きです。
末長く幸せにしてあげてください。

ロデム、シアワセになれ❣️


山梨県韮崎市のMさまの子になりました。
この子にはたくさんのご応募いただき、ありがとうございました。

今年2月に柴犬mixを亡くされ、ご家族皆さん寂しくてしかたがなかったそうです。
レンコンからレンくんとなり、6人目の家族として迎えていただきました。
お隣の市です。遊びに来てね〜。

レンくんシアワセになれ❣️


ミランダは、山梨県笛吹市のYさまの子になりました。
あ、左がミランダ、右は先住犬のPくん。
里親さんは大型犬飼育経験者で、tacodogsの友人でもあります。
Pくんとの相性を見るため、トライアルしていただきました。
この子たち、保護された場所も近く、
余りに似ているので母子?と話していました。
当初は甘えん坊のPくんがパパ&ママを
取られる感でミランダを拒否気味でしたが、
里親さんの経験と愛情で、
今や取っ組み合いのジャレ合いが日常となるほど。
安心してお任せして来ました。

ご心配し、ご支援いただいた皆さん、
本当にありがとうございました。
ミランダはシアワセになります❗️

疾患を背負ったラムネが大阪は箕面のHさまの元へ旅立ちました。
もちろん募集はまだ出していませんでした。ブログを見ていただき、手を挙げた方です。
ブルドッグ3頭飼育経験者で、ブルドッグを得意とする獣医師、
腫瘍外科のある病院を懇意にされているとのこと。この子を委ねようと思いました。
実はこの子のカーちゃんになる覚悟でした。腫瘍に加え、心臓僧坊弁膜症も加わったからです。
ウチに居て、本当に初めて人に甘えることができただろうし、
ワガママな態度もできて、シアワセそうでした。
でも実際これから酷暑が来て、極寒の八ヶ岳の麓で多分ガマンの連続でしょう。
いろんな子が来て愛情をひとり占めにはできません。
メールやお電話での熱意はホンモノでした。
先住犬1歳のブルドッグ&2歳のフレンチブルドッグとは微妙な関係。
少しづつ距離を縮めてもらう約束をしました。
旅立ち際にワタシの胸にくっ付いて来たときは、やはり泣けました。

心のこもった支援金や支援物資をありがとうございました。余剰となった支援金は、
ご寄付いた方々に連絡し、今後来る子たちのために使わせていただくことになりました。

ラムネ、シアワセになれ❣️

↑このページのトップヘ